京都の花屋「花政」ブログ

京都の花屋「花政」スタッフが、
仕事内容や京都での出来事・見たこと・聞いたこと等を載せていきます。

この器は・・・

2018年02月12日(月) 14時35分
テーマ:Mさんブログ商品紹介季節
DSC_2329

DSC_2329

 

少し前の投稿で”竹の一重切り”という名称の器をご紹介致しましたが、今回も一般的に出回っている器のご紹介です。

こちらの器は通称”寸胴”と呼ばれる器になります。

下から上まで、ストーンと同じ太さで、ある程度の長さのある器をそう呼びます。

竹で出来たものや、青磁や銅等、あらゆる材料で作られたものが出回っています。

今回は桃の節句も間近となりましたので、桃を活けてみました。

花政に桃、菜種と桃の節句にぴったりなお花が多数入荷しております。

皆様のご来店お待ちしております。

松に関して 2

2018年02月09日(金) 08時56分
テーマ:ブログ

先日、根引き松に関しての記事を掲載していましたが、今回は追加のエピソード紹介になります。

奥さん 「今年もおかげさんで、根引き松が人気商品となったけれ ど、特に印象に残っているお話があるわ~」
Mさん 「と、言いますと?」
奥さん 「実は今年、地方からわざわざご注文してくださったお客様のうち、男女一名づつに、ご注文の経緯をお聞きしたんよ。普段は聞いたりしないけど、どうして地方から、京都のしきたりで使用する根引き松を購入するのか、ふと気になって・・・」

さらに詳しくお話を聞くと、概要はこんな感じでした。

女性  :京都出身の方。地方出身の旦那様と出会い、地方に嫁ぐことに・・・ 地方で何年か年始行事を行わないで過ごすも、やはり故郷の京都の伝統文化が忘れられず、ふと違和感を抱き、一念発起して今回ご注文を下さいました。
男性  :京都で若い頃、料理の修業に明け暮れていた。その当時、京都の伝統行事に触れ、修業の成果が実り、独り立ちして地方に出るも、染み付いた習慣が抜けず、今回ご注文を下さいました。

両者とも、恐らくですが身近な神事の一端として、古都京都の伝統文化である、根引き松を門の前に飾る事で、絶やしてはいけない、文化の継承を担ってくださっているのではないかと、お話を聞いて思いました。

大層なように聞こえるかも知れませんが、たかが根の付いた松。されど根引き松。
誰に背中を押されるのでも無く、新天地で新生活を営む方々が、その地に根付き、文化継承を担って行く。日本独自の伝統を垣間見たように思います。

<明日、花政はお休みです>

2018年02月02日(金) 17時27分
テーマ:ブログ

少し前にもお知らせしたように

明日2月3日はお店を閉めさせていただき、社員研修に行かせていただきます。

    電話もつながりません、ご注意ください。

      そんな明日は節分ですね*

    節分の日に柊といわしのお飾りを玄関や軒先に飾る事を、皆さんはご存知でしたか?

      わたしは京都生活7年目にしてその存在を今日初めて知ったのですが、あまりに不思議な組み合わせと見た目が気になり、調べてみました。

    ”尖ったもの”、また”臭いがきついもの”は昔から鬼が嫌うものとして魔除けに使われていたそうで、
    尖った柊が鬼の目を刺して侵入を防いでくれるとか!

      また鰯の語源が「よわし(弱し)」「いやし(卑し)」であることからその鰯をたべて陰の気を消すという由来も・・

      形・匂いで遠ざけ、言葉に意味合いを込めたりとどうにか目に見えない悪いものを追い出そうとしていたんですね!

      どこかのお家で見れたらいいなあ^^

      KIMG0413

      お店に入ってきた柊です*

よろしくおねがいします!

2018年01月28日(日) 18時14分
テーマ:ブログ季節植物

前回一度ブログも書かせていただいたのですが、改めてご挨拶させてください

 

12月に入社したY・Kと申します(イニシャルですみません!)

 

実は全く違う業種から思い切って転職してきたので、日々新鮮で楽しい反面、知らないことが多くてわたわたとしてしまっています・・

そんなそぶりを見せていたらきっとわたしです(._.;)

 

まだまだ勉強不足な身ですが、あたたかい目で見て頂けるとうれしいです。

 

これからは、そんなほぼ素人ならではの目線で、発見したことや伝えたい事、先輩たちの様子など(?!)をブログに書いていこうと思います!

どうぞよろしくお願いします*

2018-01-28-18-04-49

八重咲きの百合がきれいに咲いてました^^

 

奥さん日記

2017年11月21日(火) 11時43分
テーマ:Mさんブログ

本日つかの間の御休みでお出かけ中に、ふと花政の奥さんからメールが連続して送られてきました。

内容を見ると、皆様に是非にお話したい事だった様で・・・
↓↓↓

11 月 19 日
伏見の大栄寺で晋山式がありました。
先代の住職様の後 姪子さんが受け継がれ 立派な式でした。
当日はお稚児さんの行列もあり私の甥っ子の可愛い子供3人も参加しました。
お嫁さんも着物が似合い 楽しい1日でした。

下の写真は、その時の物だそうです。
DSC_0106

DSC_0108

DSC_0104

IMG_20171119_085741

夏越祓

2017年07月02日(日) 19時25分
テーマ:ブログ季節

FullSizeRender

7月に入り、夏も本番へ近づいてきました。
日中になると、日に日に体に応える暑さになって参りました。

先日、近所の神社に茅の輪くぐりに行ってきました。
今年も気がつけば半年が過ぎました。
残りの半年も何事もなく過ごせますように。

ホワイトデー そのあと

2017年03月16日(木) 08時39分
テーマ:ブログ季節

今年も、バレンタインに、ホワイトデ―も過ぎ、三月も半ばを過ぎようとしています。そして、あと二週間もすれば、京都の街中の桜も咲き始めていくでしょう。

花政店内では既に、満開の桜も見られます。一足早いお花見は如何でしょうか。。

DSC_0946

鯛焼き?

2017年03月14日(火) 16時33分
テーマ:I氏の書き込みブログ季節

ホワイトデーのお返し品は、

今年はタイ焼きでした。

DSC_0021

しかし、写真撮るの忘れてて手書きでございます。

色々考えて、結果これです。

毎年もうちょっといいモノを返してましたが、

今年は時間がなく魚屋さんで頼みました。

一匹2500円で結構な出費で頭の中が真っ白になり、

頭の中もホワイトデーとなりました。

とは冗談で、普通のタイ焼きをふるまいました。

来年は、しっかり考えます。

 

 

WhiteDate(雪の日のお出かけ)

2017年03月09日(木) 13時31分
テーマ:ブログ季節

今日は、社長と奥さんのほっこりするお話を伺いました^^

大徳寺に用事があり、二人で出向いたそうです。

境内に10分ほどいたのち、外へ出てみると・・・

真っ白な雪が降り注いでいて、白い雪に驚き思わず「パシャリッ」

IMG_1550

 

「外でぷらぷらするのも寒いし、ちょっと店に入るか」と社長。

社長のお気に入りの「おがわ」さんに立ち寄る事に・・・

出てきた鴨なんばんを見て、また「パシャリッ」

IMG_1564

「二人でふと立ち寄ったお店で鴨なんばんを食べるなんて、ちょっとしたデートのようで楽しかった。」と奥さん^^

白い雪のおかげで素敵な一日を過ごさたれたご様子でした^^

 

ホワイトでー

2017年03月08日(水) 19時36分
テーマ:ブログ季節

ふと、気がつくと、もう3月。

甘い甘いチョコレート月の2月も過ぎ去り、甘さの余韻に浸っている場合ではない。3月14日には、頂いた分か、大概は、それ以上の物をお返しするという、ほとんどの男性にとって、苦い苦い日も迫りつつある。何を返したら良いのだろうか?四条河原町(百貨店)に行けば、ホワイトデーフェアなる催事でも行われているのだろうか?京都駅(百貨店に名店街)の方が良いのか?そもそも、甘い物を貰って甘いものを返したら、つまらんヤツと思われはしまいか?甘い物の次は辛いものが人情ってもんでは?このひと月越しの義務を課せられた誠実な私の心は追い詰められ、仕事が手に付かない。ピンクの鮮やかな桃の花を持っていると言うのに、頭の中は既に真っ白だ…だ、だから、3月なのにホワイトデーというのか!という程度の事しか浮かんでこない。その時白い物が目に入る。部屋にあった白いもの。辛党にはぴったり!IMG_1062 IMG_1068ホワイトでーこん!(だいこん)

IMG_1041ついでに大根のような日野菜。

家に糠床の無い方は、花政でお花などいかがですか?

 

ブログカレンダー
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近の記事
WaSuReNaGuSa
MIYAKOWASURE
この器は②
この器は・・・
松に関して 2
テーマ別一覧
I氏の書き込み (57)
Mさん (18)
ブログ (125)
商品紹介 (56)
季節 (161)
店舗紹介 (17)
新人M (19)
植物 (39)
活け込み (2)
祭り (43)
鉢物紹介 (5)
過去の記事
2018年2月 (9)
2018年1月 (13)
2017年12月 (2)
2017年11月 (5)
2017年8月 (2)
2017年7月 (4)
2017年6月 (1)
2017年5月 (1)
2017年4月 (2)
2017年3月 (5)
2017年2月 (1)
2017年1月 (7)
2016年11月 (3)
2016年10月 (4)
2016年9月 (2)
2016年8月 (9)
2016年7月 (8)
2016年6月 (1)
2016年5月 (2)
2016年4月 (1)
2016年3月 (4)
2016年2月 (9)
2015年10月 (1)
2015年9月 (7)
2015年8月 (3)
2015年7月 (3)
2015年6月 (2)
2015年5月 (3)
2015年4月 (6)
2015年3月 (12)
2015年2月 (2)
2015年1月 (2)
2014年12月 (2)
2014年10月 (2)
2014年9月 (3)
2014年8月 (4)
2014年7月 (4)
2014年6月 (2)
2014年5月 (3)
2014年4月 (3)
2014年3月 (5)
2014年2月 (3)
2014年1月 (1)
2013年12月 (2)
2013年11月 (1)
2013年10月 (2)
2013年9月 (1)
2013年8月 (1)
2013年7月 (3)
2013年5月 (2)
2013年4月 (1)
2013年3月 (4)
2013年2月 (4)
2013年1月 (5)
2012年12月 (4)
2012年11月 (3)
2012年10月 (3)
2012年9月 (6)
2012年8月 (6)
2012年7月 (6)
2012年6月 (9)
2012年5月 (3)
2012年4月 (10)
2012年3月 (4)
2012年1月 (1)
2011年12月 (2)
2011年3月 (1)
2011年2月 (1)
2011年1月 (2)
2010年12月 (1)
2010年11月 (1)
2010年10月 (2)
2010年9月 (3)
2010年8月 (5)
記事検索
  • 花政について
  • サービス案内
  • 商品紹介
  • お問合わせ 
  • 花政ブログ 
COPYRIGHT(C)2018 花政. ALL RIGHTS RESERVED.